頬のたるみをとるにはプロが推薦する15個の方法を実践すべし!

MENU

顔の筋肉(=表情筋)と口周りの筋肉(=口輪筋)を使わなくると頬がたるんできます。


もし、あなたが喋ることを主体としたお仕事をしているのであれば、普通の人よりも顔・頬の筋肉が使えているといえるでしょう。でも、ほとんどの人がそうではないはずです。つまり、人は日常的に表情筋・口輪筋をあまり使っていないということなんですね。


舌回し体操だとかハンドマッサージ、頬のたるみを治す方法はいくつもありますが、いずれも口を使うことがとても大事です。より手軽にできるものでおすすめなのが「あいうえお体操」です。すごく簡単にできるので、今日からでも取り入れてみましょう。





上向きあいうえお体操


上を向いた状態であいうえお体操することで首元までしっかりと鍛えられる


最も簡単にできるのがこのあいうえお体操。顔を天井に向けて、上を向いたまま「あ→い→う→え→お」と順番に発音してみましょう。このとき、口を出来るだけ大きく開けて発音することが大事です。


上を向くことによって口の周りの筋肉(口輪筋)だけでなく、首元の筋肉まで鍛えることができますので、フェイスラインのたるみも改善させることができます。


「あ・い・う・え・お」を7〜12秒ほどかけてゆっくりと発音するのを1セットとして、これを3〜5セット程度行ってあげるといいです。1分もあればできますので、毎日やってあげましょう。





口角引き上げあいうえお体操


いの発音は口角を抑える,うの発音は口をすぼめる


まず、両手の人差し指で口角あたりを抑えます。この状態で「いー」と発音してみましょう。このとき、歯がはっきりと見えるぐらいまでしっかりと口を開けることが大事です。次に「うー」と発音するのですが、「う」の発音のときには口をすぼめます。「う」の発音のときには人差し指は離します。


「いー」→「うー」と交互に発音する、これを1回として1セット8〜10回程度行ってみてください。早く行うのではなくて、1セット30秒以上かけて行ってほうが効果的です。


「う」を「お」に置き換えるのもおすすめです。「お」の発音のときは上唇をできるだけ前方に飛び出すことを意識してみましょう。





開口あいうえお体操


あの発音は口を大きく開く,えの発音は舌を思い切り出す


「あー、えー」と連続で発音するだけのとてもシンプルなあいうえお体操です。普通に発音すると口輪筋はよく動くのですが、舌はあまり動かないので、舌をちゃんと動かすために「え」の発音をするときに舌を前に思いっきり出してあげることがポイントになってきます。舌を前に出すだけ顔周り全体の筋肉を鍛えることができるので、より効率的に表情筋が鍛えられます。「あー、えー」の発音1回を3〜4秒かけてゆっくりと行うのがポイントになります。5〜7セットぐらいやるだけでも筋肉に効いているのがよくわかると思います。





あいうえお体操のコツ


いずれの場合にも言えるのが、実際に声に出して発音をしてあげることが大事だということ。発音をすることによってしっかりと表情筋を使うことができますので、発音をしないときよりもトレーニングの効果を高めることができます。お家の中でできますので、毎日コツコツ続けてみてください。あいうえお体操だけで筋肉痛を感じることはあまりないので、他の対策法と組み合わせてあげることをおすすめします。