頬のたるみをとるにはプロが推薦する15個の方法を実践すべし!

MENU

頬のたるみは、自分でハンドマッサージをして解消させていくことができます。でも、私たちはプロでもないので、最初はうまくいかなかったりしますよね。自分でやってみると意外と時間がかかったりして、面倒に思うこともあります。そんなときに利用してもらいたいのがやっぱり「エステ」です。


エステで美容のプロによるハンドマッサージを受けたり、マシンを使ってケアすることで、より短期間で頬のたるみをとることができます。エステは高いというイメージがあるかもしれませんが、一昔前に比べるとすごく手頃になってきています。キャンペーンに積極的なところが多くて、近頃は数千円で満足できるレベルのメニューを受けられたりすることも多いので、気になる方はぜひチェックしてもらいたいと思います。





頬のたるみに効くエステのコースメニュー


エステはフェイシャルコースが豊富


頬のたるみが気になる方は、「フェイシャルコース」を選択してもらうことになります。フェイシャルコースといっても色々な種類があるので、最初はちょっと迷ってしまうかもしれません。頬のたるみのケアに効果的なコースがいくつかありますので、ご紹介していきます。



ハンドマッサージ

ハンドマッサージはエステティシャンが実際に手を使って行うマッサージのことです。リンパマッサージやリフトアップマスクなどハンドマッサージにもいろいろな種類があります。リンパマッサージもリフトアップマスクもどちらも頬のたるみ対策に効果的です。頬のたるみが重力による垂れ下がり、脂肪の蓄積を原因とするような方におすすめです。エステティシャンの腕にもよるので、運次第で変化の感じ方が変わるのが困るところではあります。



フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは光治療の一種です。お肌に特殊な光を当てることによってコラーゲンの生成を促すことができるので頬の内側からふっくら感を高めて、たるみを対策していきます。また、メラニン色素にダメージを与えるのでシミ対策にも効果的です。光を使いますが、お肌への刺激は少ないので、敏感肌の方も安心して受けられます。



超音波

超音波は1秒間に100万回以上の振動をお肌に与える施術で、振動を与えることでお肌の細胞を活性化させて、頬のたるみを引き締めます。お肌の新陳代謝を高めることができるので、ハリ感のあるお肌を作り上げることができます。



イオン導入

イオン導入は有効成分を微弱な電流でお肌に与える、わりと古くからある施術です。イオンの力を使うことによって、手で与えるよりもしっかりとお肌の奥まで美容成分を与えられるので、年齢肌のせいで化粧品の浸透が悪くなってきたと感じる方に特におすすめの美容法です。



パック

パックと一言で言っても実に様々なものがあります。頬のたるみ対策におすすめなのは石膏パック。石膏パックはミネラルがたっぷりと含まれていて、血行促進やむくみ解消にいいと言われているので、頬のたるみをしっかりと引き締めてくれます。酵素パックやEGFパック、グルカパック、ゲルマパックあたりも頬のたるみ対策におすすめです。




覚えておきたいエステ通いのポイント!


一度通ってみると、「こういうことをすればいいのか」と学べることがたくさんあります。感心するだけでじゃなくて、今後、自分でハンドマッサージをするときのためのテクニックとして身につけちゃいましょう。動画の撮影は基本的にはできないので、メモ帳にメモしたり、上級者になるとICレコーダー(ボイスレコーダー)で録音したりする方もいたりします。私も実際にエステで学んだハンドマッサージを今でもよく実践しますよ。





エステ通いの注意点


エステに通ってみたいけど経験がないから不安、という方は多いはず。まず注意したいのは、「勧誘の有無」です。エステは安く通える時代になっていますが、利益追求のためにリピーターが欲しいと考えるようになってきています。なので、最初だけ安くしておいて、何度も通わせて、次から次へと高いプランへ誘導する場合があります。


勧誘がひどいところは今でも少なからずありますが、最近はネットで評判をチェックできるので、【エステ名 勧誘】などと事前に検索して、勧誘ならびにスキンケア商品の販売の強要がないかチェックしておきましょう。GoogleやYahoo!で調べてもいいですし、最近だとTwitterで調べるのもいいです。


エステは勧誘がないところ、明瞭会計のところを選ぶ


もう一点、注意したいのは「料金」です。一見安いと思えるようなプランでも、そこにカウンセリング費用やアフターケア費用をプラスすることがあったりするので、提示された料金以外はかからないようなところを選ぶようにしたほうがいいです。近年は、明瞭会計を売りにするところも増えているので、金銭トラブルは少なくなってきています。昔ほどのマイナスイメージはなくなりつつあります。