頬のたるみをとるにはプロが推薦する15個の方法を実践すべし!

MENU

頬のたるみは乾燥を原因とする、ということをこのサイトでは何度も言っています。乾燥対策として一番大事なのは、洗顔後の保湿ケアになるわけですが、それしかしない方はけっこう多いように感じます。


夜寝る前に保湿ケアをすれば十分、なんて思っていませんか?しっかりと保湿ケアができていれば問題ないかもしれませんが、正しく保湿ケアをできている方って実はそんなに多くないんです。


しっかりやってる!と自負している方は、実はやり過ぎだったりすることも多いです。保湿のやり過ぎは皮脂の過剰分泌を促して、逆にお肌が乾燥してしまったりするので、お肌の水分量を高めるには“ほどよい保湿ケア”が求められます。


そこで使ってあげたいのが「ミスト美顔器」というわけ。





ミスト美顔器を使うメリット


最近の美顔器は、手頃な価格で買えるようになってます。安いものだと10,000円以内で買えたりしますからね。美顔器にも色々な種類があるのですが、おすすめはミスト美顔器です。ミスト美顔器はボタンをプッシュするだけで、化粧水がミスト状に噴射されて、簡単に保湿ができる美顔器です。


ミスト美顔器,パナソニック,ナノケア,コラーゲンを低分子化して届ける


化粧水がミスト状になることで分子量を細かくすることができるので、美容成分を効率よくお肌に吸収させることができるのです。ハリ感を与えるコラーゲンは分子量が大きいと言われていて吸収率が悪いので、そういった美容成分もちゃんとお肌の奥まで届けられるようになります。
ミスト美顔器だと保湿過多になる心配がなく、ほどよい保湿ケアができます。謳い文句に「ナノ粒子」「ナノ化」など分子量を小さくできるような機能がついているものを選んであげるとより効果的に頬のたるみをケアすることができます。






外出先ではハンディミスト


意外と注意したいのは日中です。夜寝る前にばっちりと保湿ケアをする方が割合的には多いでしょうが、実は朝もしっかりと保湿ケアをしてもらいたいです。でも、朝に保湿ケアをしても、時間が過ぎれば、乾燥しやすくなってしまいます。そこで便利なのが「ハンディミスト」です。ハンディミストは手持ちタイプのミスト美顔器のことです。


ハンディミスト,パナソニック,外出先でも使える


ハンディミストだと持ち運びできるサイズで、乾電池式もしくは充電式になっていますので、電源のないところでもお肌の保湿ができます。日中は紫外線を浴びることでお肌が乾燥しやすくなるので、日中の保湿ケアも万全に行いたい方はハンディミストを持っておくと非常に役立ちます。コスパが気になるので、手持ちの化粧水を使えたりするようなタイプのものを選んであげるとより経済的です。ハンディミストだと3,000〜5,000円程度で買えるので思ったよりも手頃感があります。





就寝中はナイトスチーマー


就寝時間は平均的に7〜8時間あります。これは1日の1/3に相当します。それでいて、寝ている時間は気温が低く、湿度も低くなりやすいので、お肌にとっては乾燥しやすい時間帯になってくるわけです。寝ている間にお肌の水分量を減らさないようにするために、使ってあげたいのが「ナイトスチーマー」です。ナイトスチーマーとは、簡単にいえば加湿器のようなものです。


ナイトスチーマー,パナソニック,ナノケア,寝ている時もお肌を保湿できる


ナイトスチーマーは、お肌のことを考えて作られたもので、お肌の水分量を効率的に高めてくれるので、頬のたるみからほうれい線、シワ対策に使えます。


髪の毛のキューティクルを守る働きもあります。アロマオイルを使えるようなものだと精神的な落ち着きをもたらす役目もあります。


パナソニック製のナイトスチーマーが他機種と比べても品質が高く、口コミでの評価が高いです。価格のほうも10,000〜15,000円程度なので、加湿器を買うのと同じぐらいで意外とお手頃です。サイズも小さいものが増えていてるので、気になる方はチェックしてみてください。